読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡部友一郎の踏絵反復横とび vol.2

〜 体脂肪率4%への道 〜

深夜の帰宅

めちゃくちゃ腹が減っているという程ではないのだけど

でも何か食べたい

なんでもいいっちゃいいけど

多少は食欲を満たしてくれる「これだ!」ってものが食べたい

というわけで帰宅途中に近所のスーパーへ

 

買い物かごを手に「これだ!」を探し

深夜の店内をウロウロ

肉なのかカップ麺なのか冷凍餃子なのかきつねうどんなのか

何でもいいやって気分なのに

あれこれ見ても結局「これだ!」と思える物は見つからず

人気のない店内をウロウロキョロキョロ行ったり来たり

客はほとんどいないけど店員はいる

だから全く人気が無いわけではないけど客は自分と

あともう一人か二人くらい

そんな千葉のスーパーをウロウロキョロキョロ

 

あれこれ手にとってはみるものの

なんだかしっくりこない

こだわりはない

けど「これだ!」もない

 

ならば、と

家にある食材を思い出す

 

シチューのルー(クレアおばさん)

白モツ(100グラム69円の安物)

玉ねぎ(半分)

パスタ

 

何が食べたいかわからないときは

何だかよくわからないものを作ればいい

というわけで

チートスとペプシコーラだけ買って帰宅

 

味はクレアおばさんのシチューだから間違いない

でも白モツとパスタの組み合わせはいかがなものか

 

まあいいや

おいしいとかまずいとか

そんなことはどうでもいい

ってことで作ってみた

 

すると、意外と悪くはない

でも、良くもない

で、ひらめいた!ってほどではないけど

いちかばちかでチートスを砕いてその白い料理に投入

 

うまいかうまくないかで言えば

まぁまぁうまい

 

まぁまぁ

 

あんまりうますぎると止まらなくなる

けどまずけりゃまずいでまた他のものを食べたくなる

 

その中間くらいの味

悪くはないけど良くもない

 

そんな「白モツとチートスとシチューのパスタ」 

また食べたいか?って言ったらできれば食べたくない

 

明日からはまた

卵かけごはんと納豆

 

それで十分

 

それだけで、、

 

 

あでもウィンナーもほしい

2本くらい

 

それだけあれば

 

 

十分