読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡部友一郎の踏絵反復横とび vol.2

〜 体脂肪率4%への道 〜

元・デブ

 

今年に入って増え続けた体重は

66キロから74キロへ

 

いつもの悪い癖

 

トレーニングすれば2時間で4キロ分の水分を落とせる

ってのもあるんだけど(でもそれはすぐ戻る)

体重が増えても

「水分が溜まってるだけだからしょうがない、すぐ落ちる」

と思い込む傾向がある

 

30年前もそうだった

 

中学2年生で体重は100キロを超え

しかし体重計のその数字を見てもそんなに太っているとは思わなかった

全くってわけではないけど、「少し太ってる」程度の認識だった

100キロもあるのに

少しって、、

 

大抵のデブは自分がどの程度のデブか

自分の体型をしっかり把握していない

もしくは、解っていても認めない

 

鏡の前に立って自分の体を眺め

お腹を凹ませたりクネらせてみたり

それを見て「うん、今日はいっぱい食べたしね、、大丈夫、ダイエットすれば大丈夫」って、、

 

だからデブなんだって

大丈夫じゃないって

痩せるの超大変

ということをいまいち理解していない

 

そしてなぜか、お腹しか見ない

 

 

デブはのんき

 

 

 

自分の場合、体重だけでなく勘違い度もヘビー級でして、、

デブのくせに PARCO に行って30インチのスリムタイプのジーパンを試着してみた時のこと

膝上までしか入らないそのスリムなジーパンを無理やり履きあげようとしている

狭い試着室の中で見た惨めな自分の姿

 

その時やっと気づいたのです

 

俺、デブ?!

と、、

 

それからダイエットを始め

1年半かけて34キロ体重を落とし100キロから66キロへ(身長177cm)

 

 

てなわけで

自分は『元、デブ』なわけで

今からでも体重100キロまでは余裕で太れる

そんなポテンシャルを持ち合わせているわけでして、、

日々湧き上がる無限大な食欲と戦っているのです

 

だから

油断するとすぐ太る

 

2017年ももうすぐ折り返し

今になってやっと『太った』と

一時的なものではなく完全に『太った』と、、

認めた次第です

  

とはいえ痩せるコツみたいなものは一応理解している、はず

なのでやる気になればなんとかなる、はずなのです

 

ポイントは

 

睡眠 と 食べる時間帯

 

この二つに尽きる

 

炭水化物がよくないとかいろいろあるけど

そんなことより結局は食べた量

そして食べたものをしっかりエネルギーとして消費する

 

それをコントロールするのが大事なわけです

 

 

 

というわけで

今月から始めた朝活が

ダイエットにも効いている

あと、また走り始めたってのもある

近所の公園を最低週三日

一日6キロから10キロくらい

1キロ 6分くらいのペースでのんびり気持ち良い程度に

 

なんて生活がいつまで続くのか

 

本当は、

大きめなサラダボールいっぱいに盛り付けたカルボナーラ

啜るように食べ、何回も何回もおかわりしたい

そんな妄想との葛藤

 

あと、わんこそばみたいにプリンを飲み尽くしたい

就寝前に口いっぱい頬張ったクッキーを目覚めと共に噛みしめたい

 

 

そんな妄想

 

 

 

 

あゝ

いやだ

 

 

 

 

今月からダイエットをはじめて

74キロ→69キロ

でも、自分のベスト体重は66キロ

 

でもでも、、目標は58.97キロ(スーパーフェザー級)なの

 

まだまださ

 

 

まだまだ